こんにちは、SIMフリーLife

こんにちは、優雅で快適なSIMフリーLife

格安SIMと格安スマホの比較情報サイト

【格安SIM】LINEモバイルの特徴とメリット・デメリット、口コミについてまとめました

(最終更新日:平成29年2月14日)

LINEモバイルはトークアプリLINEで有名なLINE社が提供する格安SIMです。

まだ比較的新しいMVNOですが、SNSカウントフリーなど独自のプランで、一味違ったサービスを提供しています。

これからどんどん伸びてく可能性のあるSIMですね。

LINEモバイルの特徴は何といっても「SNSに強い」ということです。

スマホの利用はSNSが中心という人には心強いパートナーとなるでしょう。

最近は仕事関係の連絡もLINEで済ましたりするからな~。もう必須だよね。

あれ、就職したんだっけ?

いや、ニートだよ?

LINEモバイルの特徴と強みと弱み

SNS“カウントフリー”が魅力

LINEモバイルの最大の特徴は、なんといってもSNSフリープランです。

通常の「LINEフリープラン」では、LINEアプリをいくら使ってもデータ消費ゼロ。「コミュニケーションフリープラン」は対象サービスが広がり、LINEに加えて、ツイッターフェイスブックインスタグラムの利用がデータ消費ゼロです。

相手もLINEをダウンロードしていれば、LINE通話で通話料も無料です。

スマホの利用がSNS中心の方にとっては非常にお得な特徴ですね。

LINEだけじゃなくて、Twitterやfacebookも対象なのか!これは素晴らしい。

いくら使ってもデータ消費ゼロだよ。

 

カウントフリーだけど1GBを超えると速度制限

前述のように、対象のサービスではデータ通信の消費はありませんが、1日当たり1GBを超えると速度制限がかかります。

といっても、1日1GBというのは、相当な使い方をしない限り達しないので、超ヘヴィーユーザー以外は気にしなくても良いと思います。

SNSにおける1GBの目安
サービス1GBの目安
LINE 約198000000文字
LINE通話 約16.5時間
写真の送受信 約300枚
twitter動画 約70分

 

LINEモバイルの料金プラン

月間基本データ容量データ通信のみデータ通信+SMSデータ+SMS+音声通話
1GB*1 500円 620円 1200円
3GB*2 なし 1110円 1690円
5GB*3 なし 1640円 2220円
7GB*4 なし 2300円 2880円
10GB*5 なし 2640円 3220円

LINEのプランは非常にシンプルです。

1GBのデータ通信契約は「LINEフリープラン」。3GB以上のデータ通信契約は「コミュニケーションフリープラン」です。

音声通話は基本的に20円/30秒。ただし、LINE通話同士なら無料です。

 

新プランの「MUSIC+プラン」

平成29年1月よりLINEモバイルに新しいプランが追加されました。その名も「MUSIC+プラン」。

これは、「コミュニケーションフリープラン」に定額型オンデマンド音楽配信サービスである「LINE MUSIC」が追加されたものです。

LINE MUSICでカウントフリーになる機能は以下の通りです。

  • 音楽、音声の視聴
  • 歌詞、文章の閲覧
  • 音源の保存
  • 楽曲の検索

気になる料金は以下の通りです。

月間基本データ容量データSIM音声通話SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

音楽の再生は割りに通信料を消費するので、これがカウントフリーの対象になると、音楽好きの方はかなりのデータ容量節約になりますね。

 

その他の特徴など

追加チャージ

追加チャージ価格
0.5GB 500円
1GB 1000円
3GB 3000円

追加したチャージは翌月まで繰り越し可能。月3回までチャージが可能です。?

 

各種事務手数料

手続き手数料備考
初期費用 3000円  
SIMカード発行 400円  
解約金 9800円 音声通話12カ月以内の解約のみ

 

LINEモバイルの口コミ

口コミ1「カウントフリー機能のおかげで余裕をもって利用できる」

・利用者:36歳 男性 会社員
・利用シーン:外出時のネット、ゲーム
・利用プラン:コミュニケーションフリープラン 音声通話SIM 3GB
・使用機種:XperiaTM Z5 Premium
・月々の平均利用金額 1,690円

■LINEモバイルを使ってみて良かったポイントやメリット

電波状況や通話品質が良好で、田畑の多い田舎と言っていい地域で利用していますが全く問題なく利用できています。

通信速度に関しては、MVNOの中ではかなり速いほうだと思います。2016年に参入されたばかりなので、まだ利用者が少ないからなもかも知れませんが、混雑するような時間帯でも極端に速度落ちて困るようなことは今のところありません。

そしてLINEモバイルにして一番良かったのは、毎月のデータ容量に余裕ができるようになったことです。LINEモバイルではカウントフリー機能というものがあって、LINEやTwitter、Facebook、Instagramがデータ消費なしで利用できるようになっています。もちろんLINEでの音声通話もカウントフリーになっているので、これらを頻繁に利用していてる私は本当に大助かりしています。また、翌月へのデータ容量繰り越しサービスもありますので、LINEモバイルにしてからかなり余裕を持って利用できるようになりました。

月額料金は、データSIMのLINEフリープラン以外はめちゃくちゃ安いというわけではありませんが、カウントフリー機能が大きいのですし速度も速いのでコストパフォーマンスはかなり高いんじゃないかと感じています。

私は楽天モバイルからの乗り換えで使っていますが、正直とても満足しています。

 

■LINEモバイルを使ってみて不満なポイントやデメリット

楽天モバイルのように、アプリでの通話半額サービスやかけ放題サービスが用意されていなくて30秒20円の通話料が発生してしまうので、電話での通話時間にはかなり気を使うようになりました。

あと、LINEモバイルの音声SIMには1年縛りがありますが、他社も同じような状況なのでそれほど気にしていません。

それ以外でデメリットに感じている部分はありませんので、今後かけ放題サービスが開始されることを期待したいです。

 

口コミ2「LINE通話を使う人なら最適な格安SIM」

・利用者:31歳、男性、会社員
・利用シーン:勤務先や外出先でのネット検索や連絡手段
・利用プラン:LINEフリープラン
・使用機種:FREETEL Priori3
・月々の平均利用金額 500円

■LINEモバイルを使ってみて良かったポイントやメリット

LINEモバイルの安さに惹かれて、契約をしてみましたが高速データ通信量が1GBでLINEも使い放題という点は非常に便利です。

勤務先や外出先でアプリにダウンロードを行わないため、1GBの高速データ通信があれば十分過ぎる程であり、ちょっとしたインターネット検索やメールのインターネットメールのチェックには十分過ぎます。

大手キャリアや格安SIMの場合、LINEを使用するためにはSMS機能を120~150円も追加で支払する必要がありますが、LINEモバイルならこの費用も削減出来ました。特に音声通話はLINEの無料通話しか利用していないため、データ通信量のカウントフリーという部分は非常に助かります。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えて、月額8,000円が1,600円程度まで削減出来ました。しかし、私がスマホを利用するのは、ほとんどが自宅でのWi-Fi通信環境下であり、より月額料金が安いLINEモバイルに乗り換えることで、なんと月額8,000円から月額500円まで節約することができました

ライトユーザー向けに多くの格安MVNOが音声通話プランを提供しているものの、殆ど電話を利用せずLINEの使用が多い方に最適なサービスと考えます。

夫婦2人で月額15,000円を支払っていた時期に比べ、LINEモバイルなら1,000円で済み、光インターネット回線を契約しても月額7,000円で済むのは非常に経済的です。

 

口コミ3「LINEを利用しないのならあまり意味がないかも」

・利用者:33歳 男性 会社員
・利用シーン:外出時のネット、仕事
・利用プラン: LINEフリープラン
・使用機種:iPad Pro 9.7inch SIMフリー版
・月々の平均利用金額 500円

■LINEモバイルを使ってみて良かったポイントやメリット

仕事の営業でタブレット操作をすることが多いため、LINEモバイルを契約しました。

使用頻度は仕事で使用するくらいであるのと、コミュニケーションツールとしてLINEを頻繁に使用するので、LINEフリープランにしたのですが、月額500円と格安であるにも関わらず仕事に影響が出ることがない(ネットワークの接続状況が良好である)点が良かったです。

ドコモ回線を使用しているため電波が広いと感じます。仕事で各地に出張するのですが、各都市部ではだいたい接続できます。

 

■LINEモバイルを使ってみて不満なポイントやデメリット

とくに使用していて不満な点は感じないのですが、強いて挙げるなら、LINEを使用しないユーザがLINEモバイルを契約する意味があまりないということでしょうか。

同価格の格安SIMは他にもありますし、LINEに魅力がなければ他社の格安SIMでもよいと思います。

私が契約したプランとは異なりますが、LINE Musicが聞き放題というプランもあるらしいので、LINEヘビーユーザにはオススメです。

 

口コミ4「容量を気にせずSNSを使えるのが魅力」

・利用者:29歳 男性 会社員
・利用シーン:家、外出時のネット
・利用プラン:コミュニケーションフリープラン
・使用機種:Zenfone3
・月々の平均利用金額:3,000円

■LINEモバイルを使ってみて良かったポイントやメリット

格安SIMの会社がかなり増えてきましたが、その中でも新規参入のLINEモバイルを契約して使ってみました。今や使っていない人の方が珍しいぐらいの有名SNSであるLINEの格安SIMです。

私がこのLINEモバイルを契約した理由の大きなものとして他の格安SIMにはないコミュニケーションフリープランというものがあります。

これはLINEは勿論、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムといったSNSの使用に関してはデータ通信容量に加算されないというユニークなプランです。

基本的に格安SIMでもキャリアでも月々のデータ通信容量の上限が決まっています。それを超えると速度制限がかかってしまうのでプランによっては使いすぎに注意しなければいけません。

実際使用してみてやはり使用頻度、使用時間ともに1番多いのがSNSだったので、そこでデータ通信量を気にせず使えるのは助かりますし、精神的にもストレスがなくて良かったです。

若い人は特にSNSを頻繁に活用しているという人も多いと思うので、そういう人にはこのLINEモバイルのコミュニケーションフリープランを特にオススメします。

 

口コミ5「SNSユーザーの利便性は高い」

・利用者:28歳 男性 会社員
・利用シーン:プライベート時の動画視聴とSNS利用
・利用プラン:コミュニケーションプラン7GB
・使用機種:arrows M03
・月々の平均利用金額 3,800円

■LINEモバイルを使ってみて良かったポイントやメリット

音声通話SIMで7GBのデータ容量プランに入っているのですが、毎月のキャリア利用料より3分の2程の節約に成功しています。

また私が一番優れていると思った点はLINE・Twitter・Facebook・Instagramの4つのデータ量が加算されないというシステムです。契約している通信量とは関係なしに使い放題なので、SNSを活用する私のようなユーザーにとっては利便性を高く感じるポイントだと思いました。

またLINEの公式アカウントへのチャットも可能で、気軽にお問い合わせが出来るので、分からない事があってもすぐに伝える事が出来ています。月額450円で端末保証もしてくれるので、コストパフォーマンスは比較的高いと感じています。

 

■LINEモバイルを使ってみて不満なポイントやデメリット

通信速度が5Mbps~15Mbps辺りを推移していて、極端に落ちると言った事もないので、SNSや動画閲覧は問題なく利用出来ています。

一方でLINEを初めとしたSNSを利用しない人にとっては他社SIMとの違いを見つけるのが難しいかなと言った印象を持ちます。

データ容量の振れ幅が大きいので、限定的な利用のみの人は良いかもしれませんが、LINEを使わない利用者もしくはスマホのヘビーユーザーにとっては価格面でやや魅力が落ちるのかなと感じました。

 

LINEモバイルのキャンペーン情報

LINEモバイルが基本料金最大3カ月無料キャンペーンを実施中!(2/1~3/31)

 

LINEモバイルをオススメしたい人

LINEモバイルはデータ通信がSNS中心の人にとてもオススメです。「SNS用SIM」として、サブ機で契約するのもアリですね。

 

 

*1:LINEフリープラン

*2:コミュニケーションフリープラン

*3:コミュニケーションフリープラン

*4:コミュニケーションフリープラン

*5:コミュニケーションフリープラン